カフェ・ランチ・ディナーののブログ記事

【おやじの会】 宴家

| コメント(29)

9月も最終金曜日にオヤジ会がありました。

今回のお店は、宴家さんです。

20110930enya.jpg

このお店、このオヤジ会で利用するのは2回目です。

実は、この会の会場はこれまで一度も同じところでは開催されていなかったのですが、前回ここでやったときに、今回の幹事さんは欠席だったので、ここでやったことがあると思ってなかったみたいです(^^

あっ、もちろん、同じところでやってはいけないというルールはないので問題なしです。

 

この会は経営者の集まりです。そして、同級生でもあります。

今回はかなりヒートアップしました。

話は、

お店のこだわり

それをどうひろめるのか?

というところでした。

 

こだわりというか特色は絶対にありますよね。素材であるのか、味であるのか、匂いや色、デザインなどなど、そのお店に何かないとファンは獲得できないでしょう。

しかし、そのこだわりが万人うけするものなのか、特別な人だけにうけるものなのか、その違いによってもマーケティング戦略は変わってきます。

そのごだわりに関してなんですが、どこまで説明するのか?って話が出ました。

いちいち説明しなくても、感じてくれたらいい!っていう意見もあったり、

その業界では当たり前でも、世の中の人は知らないことがたくさんあるって話も。

でも、やっぱり、どんな思いでこのお店をしているのか?っていうことを知ってもらうことでファンにもなっていただきやすいと思います。それが自慢とかではなくてです。

 

いや~、ここまで白熱したのは久しぶりでした。

でも、その会の醍醐味はこれだと思うのでこういうのを重ねていきたいですね。




Yahoo! JAPAN
三重県内最新検索キーワード!





先日、松阪の駅部田町にあるフレンチレストランLa Derniere Bouchee(ラ デルニエール ブシェ)へ行ってきました。

20110910dernierebouchee1.jpg

このお店のディナーは予約制です。

ディナーコースは3種類あって迷いましたが、メインにお魚もお肉もつくコースにしました。

あと二つはというと、メインがお魚だけのものと、品数は今回頼んだのと同じだけど、グレードアップしたものです。
さすが、日本人って感じで、真ん中を選びました。

20110910dernierebouchee2.jpg

前菜:左から
 ・ガスパチョ バジルのシャーベットを浮かべて
 ・新潟産かきのもととくらげのグリーンマスタードマリネ
 ・サザエと砂肝のコンフィのエスカルゴ風
 ・天然平目とフルーツトマトのタルタル仕立て葉わさびの香り

20110910dernierebouchee3.jpg

これも前菜で、
 ・夏野菜のテリーヌと海老のポワレ トマトバジルのクーリ

20110910dernierebouchee4.jpg

メイン(魚料理)
 ・金目鯛のムニエルといくら ムール貝風味のサフランクリーム
  ハーブの香る南瓜のピューレと共に

      20110910dernierebouchee5.jpgお口なおしとして、幸水のシャーベット

20110910dernierebouchee6.jpg

メイン(肉料理)
 ・三重県産豚フィレ肉と生ハムのバロティーヌ
    季節の野菜を添えて 赤い果実のソース

 

20110910dernierebouchee7.jpg

最後にデザート
左から
 ・フロマージュブランのパンナコッタ 葡萄のジュレと共に
 ・白糖のコンポートとシャーベット
 ・白桃産バニラのキャラメルアイスクリーム

20110910dernierebouchee8.jpg

そして、コーヒーです。

やっぱ、フレンチのコースでそこそこしたのですが、飲み会1.5回分なので、そう考えると、たまにはありかなって思えてきます。

ここのお料理はしっかりした味付けになっています。
うちの妻はそんな味付けが大好きで、このお店はかなりリピートしています。

お店の名前、”ラ デルニエール ブシェ”、覚えにくいのですが、3つの想いが込められているそうです。

一つ目は、「とっておきの一口」

二つ目は、「最新の一口」

3つ目は、「この前の一口」

この前の一口・・・これが忘れられず、リピートしてしまいます。




Yahoo! JAPAN
三重県内最新検索キーワード!





先日、松阪の伊勢寺町にある「杏(カラモモ)」というカフェに行きました。

いつものように、私が休みで、長男が幼稚園に行く土曜日に、次男を両親に預けてのお出かけです。

20110807karamomo5.jpg

ここは妻がお友達と一度行って、雰囲気がとても良かったということで、行くことにしました。

ここの場所はよくこんなところにお店を出したなぁって感じの場所なのですが、とは言っても松阪の中心地から遠いって訳でもありません。
しかし、一度行ったことがある妻のナビで行ったのですが、曲がるべきところを通り過ぎて、行くのにちょっと手間取りました(^^;



ランチにも行きたかったのですが、今回はお茶だけです。 

20110807karamomo3.jpg

あんずの焼きタルトとレモンディー

20110807karamomo2.jpg

黒糖ソースのプリンとアイスコーヒー
(ぱっと見、どちらもコーヒーかと思ってしまいました) 

ゆっくりとした時間が流れる店内で嗜むのは最高です。
こういうカフェを好んで行くのですが、また選択肢が増えました。

20110807karamomo1.jpg

店の感じから行くと、出来て間もないのかと思ったのですが、メニューに「おかげさまで1周年」とあります。

そのアニバーサリーランチも魅力的でしたが、残念です。(今はもうこのランチではないようです) 

2周年アニバーサリーランチに期待しようかと思います。 




Yahoo! JAPAN
三重県内最新検索キーワード!





このお盆休み中に、松阪の『不二屋』さんに行ってきました。
ここは昔から「かた焼きそば」で有名なところです。

いつも混んでいるところなんですが、いつも以上に混んでいた感じです。

20110813fujiya1.jpg

お盆なので、松阪へ帰省する方の中で、”帰ってきたら不二屋へ行く”って決めている方も
けっこういるのかもしれません。

今回はなんと1時間ぐらい待ちました。
まぁ、お店に入った時にはそれぐらいになるだろうと分かっていたのですが、この暑い中、別のところに移動するのも嫌だし、家を出てくるときから、”今日は不二屋”って決めてきたので、おとなくし待っていました。
ここへ来るのもかなり久しぶりというのもありましたし。

オーダーしたのは、「やきそば」と「冷やし中華」

このお店で”やきそば”というと、このかた焼きそばです。

  20110813fujiya2.jpg

夏限定ということで、自分は冷やし中華です。
(子供の頃は冷やし中華が嫌いだったのですが、いつのまにか好きなもののうちに入っていて不思議です。)

  20110813fujiya3.jpg

結構、ボリュームがあるんですよー、ここのは。
実は、前回来たときには、”やきそば”を食べたのですが、残してしまいました。
その時はあまりお腹が空いてなかったのか、食欲がなかったのか覚えがないですが、
食べきれなかった記憶があって、なんか”やきそば”をオーダーする自信がないんですよね(^^;
別に残してしまってもいいんですが・・・

しかし、デザートは別腹!

20110813matsujiro1.jpg

不二屋さんの近くにある「松治郎の舗」へ寄りました。
ここは水谷養蜂園直営のはちみつ専門店です。

このお店の運営をするのは、水谷悠香さん。はちみつをつかったものをプロデュースしています。

ここの「はちみつ最中アイス」をいただきました。

  20110813matsujiro2.jpg 20110813matsujiro3.jpg

一番人気のミルクと限定の黒ゴマです。


先ほども紹介しましたが、水谷悠香さんはいろいろな活動をしています。そんな中雑誌(美STORY)に載っていたのを妻が見ていたのですが、なんとお店に水谷悠香さんがいらっしゃいました!
妻も「雑誌を見て、綺麗な人だなぁって思っていたけど、実際はもっと綺麗だった!」ってすっかりファンになったようです。
四日市では教室があるようなんですが、松阪でも教室を開いてくれないかなぁって言っているぐらいです。

なんか、得した気持ちになって、1時間も待ったことなんてすっかり忘れました(^^




Yahoo! JAPAN
三重県内最新検索キーワード!





昨日、松阪の『魚民』で同級生8人で集まりました。

20110805uotami.jpg

20時スタートの2時間飲み放題コースで、なんと一人3000円。
料理もサラダ、刺身、鍋、焼き鳥、揚げ物、しめの麺、シューアイスとそこそこあってこの値段なのでかなりお値打ち。

しかし、久しぶりに再開する方もあり、2時間ではとても時間が足りません。
で、店を変えるという手もあったのですが、移動も面倒ですし、ここで延長することに。

すると、使っていた部屋がカラオケの個室ルームだったのですが、延長となると、一人30分で530円かかるとのこと。
他の普通のスペースだと、追加は一人105円(ただし、突き出しとワンドリンクは注文してね、ということでした)

コースの余っている料理やらドリンクは持っていってもいいということだったので、普通のスペースへ移動し、そこからまた2時間、ずーっと話をしていました。飲み物しかオーダーしていなかったんですが、その2時間は結局一人約1,000円。


20時から始まって、出たのは確か1時前、よーそんなにしゃべってたなぁって感じだったのですが、同級生が久しぶりに集まるとこうなりますね。(同じ話が繰り返されたりしますが(^^; )


しかし、妙なもので、中には遠くから来ていた人もいたのですが、最後バイバイって時に、すごく普通なんです。
なんか、いつでも会えるんじゃないかって思えるんですよね。いつも会っているような感じで解散なんです。

実際、そうそう会える訳でもないのに、なんでだろう・・・
そんで、朝起きると、もっと話しとけばなぁって思うんですよね。

まぁ、今ではメールやSNSで連絡取れたりするので、実際の遠さのイメージがないのかもしれません。




Yahoo! JAPAN
三重県内最新検索キーワード!





前の5件 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15